結婚したらどう見直す?あなたの保険

このエントリーをはてなブックマークに追加 あとで読む

結婚時にチェックしたいポイント

まずは、自分と結婚相手が結婚する時点でどういった保険に加入しているのかをチェックしてみましょう。
生命保険や医療保険、がん保険に自動車保険など、チェックしたい保険はたくさんありますので、少し大変かもしれません。
また、結婚したばかりなのに、いきなり保険の話をするということに、抵抗がある人も少なからずいると思います。
しかし、これから家族となり、家庭を築き上げていくわけですから、思い切って2人でよく相談してみることをおすすめします。
それでは、生命保険に関して結婚時にチェックしておきたいポイントをいくつか紹介しておきましょう。
まず、大前提として保険に加入する目的をよく理解しておく必要があります。
特に生命保険の場合、万が一のことが起こった際に、経済的に困ることがないように備えることが目的です。
そのため、生命保険でまずチェックするべき項目と言えば、死亡保障の金額です。
独身時代に加入した生命保険の死亡保障を確認してみましょう。
おそらく、独身者の場合には、それほど死亡保障を大きくしていないと思います。
しかし、結婚して家族ができれば、独身時代の死亡保障では不十分になることがほとんどです。
一般的に、結婚時に最低限確保しておきたいのは、まず自分が死亡した場合に必要になる、葬儀費用です。
スタンダードな葬儀を行うとした場合、300万円程度確保できていれば安心でしょう。
結婚してすぐなら、それほど貯金もないと思います。
そのとき、もしも夫婦のどちらかが死亡して葬儀を行うことになれば、その資金が足りないという事態も考えられます。
まずは、葬儀費用として300万円前後の死亡保障を確保しましょう。
また、結婚した後、どちらか一方が家庭に入って家事に専念するといった場合も多いと思います。
専業主婦、または専業主夫といったケースです。
この場合、もしも働き手が死亡してしまったら、残された配偶者は全く収入のない状態になってしまいます。
この場合は、葬儀費用だけではなく、その後の生活費なども考慮して、死亡保障を厚くしておく必要があるでしょう。
また、医療保険に関しても、やはり結婚後には見直しを行っておくべきです。
特に、主に収入を得ている人が入院した場合などは、収入が減ってしまうことが考えられます。
その間も他の家族は通常通りの生活をしなくてはならないわけですから、その分の生活費も考慮して、保障額を見直しておきましょう。
独身時代とは、状況が変わるということを、まずはしっかり把握しておくことが重要です。
Copyright (C)2018結婚したらどう見直す?あなたの保険.All rights reserved.