結婚したらどう見直す?あなたの保険

このエントリーをはてなブックマークに追加 あとで読む

病気やケガに関する備えについて

結婚して信頼できるパートナーができるということは、とても幸せなことです。
楽しいことは2人分になりますし、辛いときにはその辛さを分かち合うことができます。
特に、どちらかが病気やケガをしてしまったとき、夫や妻の支えが非常に力になることもあります。
しかし、金銭的な問題に関して言えば、ただパートナーがいるだけで安心とは言い切れません。
病気やケガの治療には、とてもお金がかかります。
治療に関する費用だけでも大きい上に、入院費がかかる可能性もあります。
そこで、結婚したらぜひ見直しておきたいのが、医療保険です。
医療保険で重要になってくるのは、やはり入院保障でしょう。
一般企業に勤めているサラリーマンの場合には、公的保障によって医療費をカバーすることもできます。
社会保険によって毎月の給料に替わる収入をある程度確保することも、可能かもしれません。
しかし、入院して治療を行うとなれば、必要になる費用は思っている以上に多いものです。
そのため、少なくとも1日あたりの入院保障が5000円から10000円程度は確保できるように、医療保険を見直しておいた方が安心です。
そして、ここで気をつけたいのが、こういった医療保険の保障をしっかり設定しておくべきなのは、主に収入を得ている人だけではないということです。
例えば、妻が専業主婦である場合、多くの人が「夫だけ保障を厚くしておけば安心」と思っているようです。
しかし、実は専業主婦が入院した場合、生活費が大幅にアップしてしまうケースは多いのです。
専業主婦をしている妻が家にいるときには、あまり意識しないかもしれませんが、毎日献立を考えて料理をつくり、家事をこなすことによって、生活費は大きく節約されているのです。
妻が入院してしまったため、夫が昼食用の弁当を持って行けなくなるため昼食費が増えてしまう、夕食も外食が多くなってしまうといったことは、容易に想像できます。
そうなると、毎月の生活費はそれまでよりも大幅にアップしてしまうでしょう。
そのため、入院保障をしっかり確保したいのは、専業主婦、または専業主夫の場合も同様なのです。
主に収入を得ている人と同じだけとまでは言いませんが、少なくとも1日あたり5000円程度の入院保障は確保しておきたいところでしょう。
また、結婚するときにもう一つ考えておきたいのが、妊娠についてです。
多くの医療保険では、妊娠中の保険加入には色々な条件がついてしまいます。
中には、妊娠中には加入できないものもあるのです。
そのため、医療保険の見直しはできるだけ早く行い、妊娠する頃には備えができているようにするのがベストです。
Copyright (C)2018結婚したらどう見直す?あなたの保険.All rights reserved.